YZF-R125のヘッドライト(LOW側)LED化

YZF-R125のLOW純正のハロゲンライトからLEDライトに変えてみた。

LEDヘッドライト

ヘルメットのシールドをブルーミラーにしてから、純正LOWのハロゲンライトでは夜道を走るのにはちと暗く、かと言ってシールド開けっぱで走ると虫さんたちが弾丸となって襲い掛かってくるので結構きつい。という理由からLOW側のライトをハロゲン→LEDに交換してみよう。ちなみにYZF-R125のLOW側の規格はH7なので間違わないように。

変える条件として、安くて色が白ならとりあえずいいかなーってことで、早速尼でLEDヘッドライトを購入。今回買ったのは、NIGHTEYE製 H7 ファンレス 一体型ledヘッドライト。条件は満たしてるし、消費電力も25W。うんうん、いいねぇ。

で、届いたのがこちら。

手がクッソ汚いのはチェーン掃除してた時に届いたから仕方ないね。ところで、2個ついてきたけどLOW側のみの交換だから1個余るじゃんか・・・。FZ6につけるのもありかな?

じゃあ早速取付作業にイクゾー。

交換手順

まず、カウルの内側にあるヘッドライト部分の防水カバーを外す。

防水カバーを開けるとライトに繋がっている配線が見える。これを引っ張ると抜ける。

オーケーオーケー。せっかく出し一応LEDがどんな明るさか繋いでテストしてみよう。

うおっ!まぶしっ!!なかなかにいい光量してんじゃんかよぉ。色も白くて夜が楽しみになってきた。

次は、ライトの取り出しだが少しコツがいる。針金で固定されているのだが、赤矢印の部分の針金を押し込んで外側に広げるようにすると固定されている針金が外れる。

最初ラジオペンチでやっていたが、狭い場所でチマチマやってたらイライラゲージが振り切ってしまったので道具を使わず手でやったら意外となんとかなった。

とりあえず取り外しまでは行けたんだけど、ヘッドライト内部に虫さんが違法建築していたため除去作業をする。

これを

こうじゃ。割り箸+ティッシュで作った高須棒を駆使しながら格闘し、無事きれいになったところで作業再開。

まず、購入したLEDヘッドライトの赤矢印の土台部分を外す。外し方は説明書に載っているが、回して引っ張れば取れる。

取れた土台部分をはめ込み、また針金で固定する。手順は先程の逆で、針金を外側から押し込み内側に入れる感じ。

あとはLEDライトをぶち込み回す!固定されたら防水カバーを付けなおして終わり!!!

LEDライト本体とケーブルが大きくて防水カバーからはみ出てる気がするけど問答無用で押し込む!一応ハマったものの水濡れが怖いのであとでテープとかで防水処理したほうがよさそう。

さて、明るさはどんなもんかな~

変更前

変更後

ビューティフォー・・・

かなり明るくなっていい感じですねぇ!!!純正のオレンジに近い色もいいけどやっぱ白がスッキリしてカッコイイ。LOW側LEDにしたし今度やるとしたらHi側やな。LEDもいいけどHIDも気になるしどうすっか悩みどころですな。

スポンサードリンク